飲酒習慣のある人はγ-GTPに注意

飲酒習慣のある人はγ-GTPに注意

γ-GTPの数値は、血液検査によって調べますが、この検査結果を見てまずするべきは、飲酒の習慣があるならそれを止めることです。アルコールを大量に飲み続ければ、アルコール性脂肪肝のリスクが高まり、そしてそこから肝硬変などの肝疾患になってしまいやすいからです。なお、男性よりも女性の方が肝障害を起こしやすいため注意が必要です。

 

アルコール性の肝障害の特徴は合併症を起こしやすいということで、より治療が難しくなってしまいます。また、進行も早くなりがちで、若い人でも1ヶ月程度で死に至るケースもあるのです。

 

肝臓は沈黙の臓器とも言われますが、自覚症状が表れにくいという特徴があります。そのため、肝障害の多くは発見が遅れてしまい、気づいた頃には病状の進行が大きく進んでいることも少なくありません。

 

普段から飲酒をしている人ほど定期検査でγ-GTPの数値には注意を払い、基準値を上回るようなら早めの対策が必要です。なお、γ-GTPだけで全ての病気の有無がわかるわけではありませんから、血液検査でγ-GTPが正常値であっても肝機能の低下や肝障害が見られるケースもありますので、できれば腹部の超音波検査も合わせて受けるのが良いでしょう。

 

γ-GTPの数値が高い場合は、前日の飲酒状況によっても数値が変わりますから、もしもアルコールの影響が疑われる場合には数日アルコールを摂取せずにもう一度検査を受けてみて、その結果を見て医師と相談するようにしましょう。