γGTPを基準値に下げる!おすすめサプリはこれだ

γGTPを基準値に下げる!おすすめサプリはこれだ

肝機能や胆管の異常を知らせる数値、γGTP。お酒が好きな人や肥満が気味な人にとっては気になる数値です。

 

肝炎
肝硬変
肝がん
胆石やがんでの胆道閉鎖
膵臓の病気

 

これらの場合、γGTPが高値を示します。また、飲酒の習慣がある人も高値が出やすくなります。γGTPの基準値は、50IU/L以下。100IU/Lなら脂肪肝、200IU/L以上はアルコール性肝炎や肝硬変の恐れがあり。

 

運動や食事改善とともに、肝機能を高める成分でサポートしてγGTPを下げましょう。おすすめは、ウコン、シジミ、カキ。当サイトでは、これらを手軽に摂れるサプリをご紹介しています。もうすぐ健診、数値が悪かったという人は要チェック!

 

セラクルミンの特徴

日本初!高めのγGTP値の低下が科学的に実証された機能性表示食品です。古くから食べられていたウコン、そのポリフェノールであるクルクミンは肝機能を高める成分。肝機能をUPしてγGTP値のほか、AST(GOT)・ALT(GPT)も下げてくれます。さらに、独自技術でクルクミンの吸収量を約27倍に高めているので、少量で効率よく摂ることが可能。1日2回、朝夕に1粒ずつを目安に。定期購入コースなら初回限定50%OFF。

価格 4,990円
評価 評価5
備考 1日2回 朝夕に1粒

 

レバリズム-Lの特徴

肝機能をUPするシジミとカキを使ったサプリです。肝臓の考えて集められた材料を、バランスよく配合しています。オルニチンが豊富なシジミ、ビタミンやミネラル豊富なカキエキスのほか、肝機能を改善するスクワレンなどをプラス。自然の栄養成分をそのままカプセルにしているので安心。1日めやす3粒。個包装になっているので、持ち歩きにも便利です。人数限定、定期コースに初回モニター価格あり。

価格 980円
評価 評価4
備考 1日めやす3粒

 

肝パワーEプラスの特徴

肝機能UPのカキ+αのサプリです。毎日摂るのは難しいカキをサプリで手軽に摂ることができます。さらに肝機能を高める梅もプラスして、肝臓の働きを助けγGTP値の改善をサポートします。1日めやす3粒は、便利な個包装。栄養をまるごと詰めているので、不足しがちなビタミンもしっかり補えます。毎月定期コース(2箱定期)は、初回特別価格です。

価格 980円
評価 評価3
備考 1日めやす3粒

 

γ-GTPと運動の関係は?

 

γ-GTPはお酒のアルコール摂取に反応しやすいとは言われていますが、単にアルコールのみによって数値の上昇が見られるのではありません。γ-GTPは、運動の影響も大きく受けます。運動不足によってγ-GTPは高まりやすいと言われていて、しっかり運動を行うことで数値のコントロールが多少可能になります。

 

γ-GTPの数値が高いということは肝臓のトラブルを起こしている可能性が高いわけですが、中でも多いのが脂肪肝です。肝臓に脂肪が過剰に蓄えられてしまっている状態が脂肪肝と呼ばれるのですが、体を動かし、効率的に脂肪を燃焼させることによってγ-GTPの低下が見られるようになるわけです。その他にも、運動によって血行が改善されたり、また体がほぐれて疲労回復にも有効ですし、ストレスを解消する効果もあります。

 

生活習慣病に多く見られる原因は、たいていが肝臓の数値に悪影響を及ぼします。運動は生活習慣病の改善に有効ですから、積極的に行うようにしましょう。運動の強度は高い必要はありません。肝臓について言えば、強度の高い運動が肝臓の機能を低下させ、数値を悪くしてしまうこともあります。ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を無理のないレベルから行っていきながら、徐々に強度を高めていくのが良いでしょう。

 

なお、γ-GTPの値を下げる効果がある運動ではありますが、そこまで極端に数値が落ちるわけではありませんし、健康診断前に頑張って数値をごまかすために行っても意味がありません。大事なのは、普段から運動することであり、検査をやりすごすことではないことに注意しましょう。

 

γ-GTPの検査のルールを守ろう

 

γ-GTPは血液検査を受けて測定しますが、その際に注意するべきことがいくつかあります。しっかり注意を守って検査を受けないと、正しい数値が出てこなかったり、再検査をする必要が生じることがあります。最もよくないのは、検査がうまくできなかったことにより、すでに発生している病気を見逃してしまうことです。

 

検査を受ける前には、絶対にお酒を飲んではいけません。直前に飲む人はさすがにいないと思いますが、前日に飲むのもNGです。お酒が体内から完全に消えるためには、個人差はあるもののおよそ24時間以上は必要ですから、できるだけ2日前から禁酒するようにしましょう。

 

γ-GTPは特にアルコールへの反応が高い数値ですから、アルコールが残っていることで検査結果が悪く出るようになってしまいます。また、これは飲み過ぎで肝機能が悪くなっているのか、お酒以外の原因で肝機能が悪くなっているのか、その判断が難しくなるので注意してください。もちろん、アルコールが含まれているものは食品であろうと禁止となります。普通のお酒だけでなく、薬用酒や、粕漬けなどのアルコールを含むものは禁止です。γ-GTPの検査を受ける当日は、食事も摂取しません。水分の摂取も軽くするのみとします。血液中の脂質やブドウ糖の濃度を測定する上でもこれはとても大切なことです。

 

こういった決まりを守ることで、ほぼ一定の安定した状態で検査をすることができます。この条件を守って検査を続けることで、毎年の数値の遷移もわかり、どのように健康状態が変わってきているのかを知ることができますから、例外を作らないように、きちんとルールを守って行いましょう。

 

γ-GTPは早めに改善

 

γ-GTPの数値が高いと判断されても、すぐに病気ということはありません。ある程度の数値を超えると危険とみなされ、医療機関での治療が始まりますが、基準値以上でもその危険ラインを超えなければ自分での生活改善を指導されます。しかし、生活習慣を見直さずに肝硬変や肝臓癌に進行する人というのはなかなか少なくはなっていません。

 

これは、肝臓が自覚症状が出にくい臓器であることに原因があります。自覚症状が出てしまった頃にはγ-GTPの数値は大きく上昇しており、すでに手遅れというケースも多いのです。ですから、数値の改善のためには改善指示が出たらすぐに生活改善に取り組まなければなりません。γ-GTPが高いということは肝臓に負担をかけているということですから、単純にはその肝臓への負担を減らすことが大切になります。アルコールや脂肪は肝臓での処理が大変ですし、食品添加物などの毒素が体内に多く取り込まれれば、それだけ肝臓に負担がたまってしまいます。肝臓の処理能力を超えると中性脂肪が肝臓に定着して脂肪肝となります。

 

最近の研究では脂肪肝の状態が続けば肝硬変や肝臓がんとなるリスクが高いことが明らかになっていますから、ただの肥満症状だと考えてはいけません。肝臓の機能が弱れば、普段から疲れがちになったり、肌の調子が悪くなったり、頭が回らなくなったりします。いろんな制限があるだけでなく、実際に生活の質がみるみる落ちていきますから、肝臓のトラブルは早めに治すのがキモです。

 

γ-GTPを改善する薬はない

 

γ-GTPは肝臓の健康状態を示す重要な値の一つです。健康診断においては、肝臓の状態を示すこの数値を測定することが定番となっていて、お酒の好きな人の中では同僚と一緒に一喜一憂する数値でもあるようです。こういった数値ですが、実は薬によって改善はできないとされています。

 

基本的に禁酒や食生活の改善、生活習慣の改善などの方法をとることになります。というのは、γ-GTPが増える状態というのは、肝臓がダメージを受けて肝臓の細胞が損傷している状態だからです。たとえ数値上、これが薬で下がったとしても肝臓が修復できるわけではありません。γ-GTPを直接下げる薬はないのですが、γ-GTPの値が高くなるケースには胆道系の病気の影響があることもあり、これを薬で治療することがγ-GTPの値が下がることにつながる場合はあります。ですから、どういったことが原因でγ-GTPが高くなっているのかを正しく知ることが重要です。

 

ただ、冒頭のようにアルコールが理由でγ-GTPが高くなっている場合であれば、残念ながら薬で数値を抑えることはできません。肝臓の再生を促すために、アルコールの摂取を控え、食生活や生活習慣に注意することが肝臓の機能維持・向上のために最も効果がありますから、一時のガマンと思ってお酒を控えることが最も良い対策となります。むしろ、薬の影響で肝臓に負担がかかり、肝機能の低下を招くこともありますので、基本的にこの数値を改善する薬は無いと考えておきましょう。

 

γ-GTP対策のサプリメント

 

γ-GTPを下げるためには、基本的には肝臓の機能を改善していくことが重要になります。肝臓からγ-GTPが血液中に放出されるのは、肝臓の中で蓄えておくことができない事情が生じているからと考えられるからです。肝機能を高めるためには、そのために有効な成分をサプリメントや健康食品から摂取するのが有効です。

 

たとえば、牡蠣などはとても良い成分です。よくお酒に強くなるといわれる牡蠣ですが、タウリンや亜鉛を多く含み、肝機能向上に有効です。ですから、牡蠣のエキスを豊富に含んだサプリメントは肝機能の改善に有効です。また、高麗人参も昔から肝臓の弱い人におすすめです。最近は人参に関してもいろんな種類のサプリメントが出ているので、必ずしも人参独特に風味を苦手に思う必要は無くなっています。肝臓によい成分としてよく知られているオルニチンはシジミに多く含まれています。シジミのエキスを利用した商品は今非常に多くなってきていますが、これらは肝機能を向上させてγ-GTPの数値改善に有効です。ウコンも昔から二日酔いに有効とされてきましたが、ウコンに含まれるクルクミンに改善効果があると見られています。

 

こういった肝臓によい成分を摂取することによって肝機能を改善していけば、γ-GTPを抑え、様々な肝障害を予防・改善することにつながります。いずれも全身に対する健康効果を含むものですから、是非積極的に摂取するようにしましょう。

 

γ-GTPが高いとはいくつから?

 

γ-GTPには基準値が設定されていて、成人なら16〜73とされています。ただ、どのような診断をするかで少々基準値には変動があり、40、50といった数値を超えると注意が入ることもあります。また、女性は女性ホルモンの作用でγ-GTPの値が抑制されるため、女性の場合は数値は厳しく見ることがあります。

 

どんな場合でも、γ-GTPの値が、100を超えれば、何か異常があると考えて再検査や精密検査に進むようになります。肝臓の破壊自体は肝臓自体に回復力があるために進行はゆっくりで、すぐに数値に影響が出るとは限りません。数値が高くなっているということは、長い時間をかけて肝臓にダメージが蓄積されていると考えた方が良いでしょう。

 

そして、γ-GTPがたとえ上がっても、それで肝臓に苦しみを感じることはほとんどありません。ですから、自覚症状がないので放置されやすいのです。しかし、アルコール性脂肪肝や、それを放置して肝臓ガンなどもっと重い病を併発するリスクがありますから放置は非常に危険です。定期的に健康診断を受けていれば血液検査で数値がわかりますが、それでも定期的に受けなければ開いている期間に肝臓が弱っているかもしれませんから、定期的に受けるように心がけましょう。

 

高い数値が出ても、原因を解決すれば、すぐに数値が戻るものです。普段から数値を高くしやすい過食や飲酒などの習慣に注意して過ごすことが大切です。

更新履歴